個人版と法人版の違い

Dropbox Businessは、法人向けのサービスです。以下で、個人版との違いをご説明いたします。

概要

フォルダの階層例

フォルダの種類

フォルダの種類

フォルダの階層例

フォルダの階層例

プランと料金

  個人向け(参考) 法人向け
Basic Standard Advanced
ストレージ容量 2GB(1人) 5TB / 契約 実質容量無制限※
対象 個人向け 小規模・部門 中小〜大企業
バージョン履歴・ファイル復元 30日 180日 180日
スマートシンク
(クラウド上のみのファイル保存)
-
チームフォルダ -
Paper(共有ノート)
Transferの詳細設定
(ファイル転送時のパスワード/保存期間設定)
-
プレビューが出来るファイル種類 180を超える拡張子に対応 180を超える拡張子に対応 180を超える拡張子に加えて
dwg や mxf にも対応
アクティビティログ
(編集履歴の管理)
-
ファイル単位のログ
デバイス数制限
シングルサインオン連携
(他ソフトやアプリとのパスワード連携)

※Advancedプランは初期導入時、チームに対して1ユーザーにつき1TB(1,024GB)の容量が提供されます。利用状況に応じて、無償で容量拡張が行われます。

お申し込みに関するお問い合わせ