ウィルス/スパイウェア、ランサムウェアなどWebの脅威から保護 ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス2

ウイルス対策 ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス2

  1. たのめーる
  2. ソリューション・製品
  3. ウイルス対策 ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス2

ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス2とは

1ID 月額500円(税別)でウイルス対策のこんなお悩みを解決!

  • コスト面、運用面から社内に管理サーバーは設置したくない
  • セキュリティ対策は個人任せになっている
  • スマートフォン・タブレットのセキュリティが不安

中小企業や個人事業主のお客様のウイルス対策・セキュリティ対策に関する不安やお悩みを、大塚商会のワンコイン・ビジネスセキュリティサービス2が解決します。

こんなお客様におすすめ

大塚商会ではこんなお客様にワンコイン・ビジネスセキュリティサービス2によるウイルス対策の導入をおすすめします!

  • PCの買い替え、買い増し予定

    ウイルス対策用に新ソフト購入は不要、
    クライアント追加もオンラインで簡単作業

    PCの買い替え、買い増し予定
  • スマートデバイスを一斉導入予定

    管理者が一元管理できるので、全デバイスの
    セキュリティ対策が可能!

    スマートデバイスを一斉導入予定
  • 開業・起業予定

    複数端末を使用する場合もOSの違いを考えずに
    ウイルス対策が可能!

    開業・起業予定

サービスの特長

  • ソフトウェア・リスク検知サービス

    お客様のPCの「OSのアップデート状況」「ウイルス対策ソフトの更新情報」「アプリケーションソフトのバージョン」をデータセンターで収集します。未更新・古いバージョンの場合、月次レポート※としてお客様にお知らせします。ソフトウエア・リスク検知サービスが、端末にある脆弱性を把握し報告します。
    ※レポートはお客様マイページに月1回アップロードされます。(脆弱性のあるソフトが無かった場合は「該当無し」のレポートを掲示します)

    ソフトウェア・リスク検知サービス

    閉じる

  • 不審サーバー通信を外でブロック

    マルウェア(不正なプログラム)に感染させるために不審なサーバーにアクセスしようとする通信や、実際に感染したクライアントPCが外部の攻撃者のサーバーにアクセスしようとする通信を『セキュリティDNS』が自動でブロックします。
    端末に入り込むウイルスや不審な通信を、社内ネットワークの外でブロックします。

    不審サーバー通信を外でブロック

    閉じる

  • AndroidやMacも対応

    管理画面はWebブラウザで操作でき、わかりやすく脅威を発見しやすいので、管理者負担が軽減できます。また、メール通知機能やウイルススキャンのスケジュール設定など、管理機能が付与されています。

    管理コンソールの公開

    • 管理サーバー不要
    • モバイル+PCのウイルス対策のライセンスを一括管理
    • 感染状況も把握(リスク管理)
    管理ツールなら遠隔からチェックが可能

    閉じる

  • PC負荷軽減

    近年、企業や組織でスマートデバイスを業務に導入するケースが増加している一方で、情報漏洩などのセキュリティリスクが問題視されています。
    「ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス2」であれば少ない時間で社内のセキュリティレベルを統一でき、WindowsOS、Android、Mac OSがある混在環境でも一元管理できます。

    Windows・Android・Macを一元管理

    閉じる

  • 常に最新バージョン

    クラウドテクノロジーを活用した「スマートスキャン技術」を採用。従来検索型に比べてクライアントPC側で判別できなかったもののみをスマートスキャンサーバーへ問い合わせるため、負荷を軽減できます。

    スマートスキャン技術で負荷軽減

    従来検索型・スマートスキャン比較

    閉じる

ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス2の動作環境

動作環境を見る

(2021年9月)

ウイルスバスター動作環境

■Windows用クライアント
CPU x86アーキテクチャのIntel Pentium4プロセッサーまたは互換プロセッサー
x64アーキテクチャのプロセッサー(AMD64およびEM64Tに対応、IA64: Itaniumプロセッサー、およびARMプロセッサには対応していません)
メモリー 8GB以上、10GB以上を推奨
(Windows SBS 2011 Standard/Essentials)
2GB以上、8GB以上を推奨
(Windows Server 2012/2012 R2、Windows Server 2012/R2 Essentials、Windows Server 2016、Windows Server 2019)
1GB以上、2GB以上を推奨
(Windows 8.1、Windows 10)
ハードディスク 1.5GB以上の空き容量、2GB以上を推奨(注1)
OS(注2) Windows 8.1 Basic/Professional/Enterprise Update1(注3)
Windows 10 Home/Professional May 2020 Update/
October 2020 Update/May 2021 Update(注4)
Windows 10 Enterprise/Education November 2019 Update/
May 2020 Update/October 2020 Update/May 2021 Update(注4)
Windows 10 Enterprise 2015 LTSB / 2016 LTSB / 2019 LTSC
Windows SBS 2011 Standard SP1
Windows SBS 2011 Essentials SP1
Windows Server 2012 Standard/Datacenter/Essentials
Windows Server 2012 R2 Standard/Datacenter/Essentials Update
Windows Storage Server 2012 Workgroup/Standard
Windows Storage Server 2012 R2 Workgroup/Standard Update
Windows Server 2016 Standard/Essentials
Windows Server 2019 Standard/Essentials/Datacenter
Windows Storage Server 2016 Workgroup/Standard
Windows Server IoT 2019 for Storage Workgroup/Standard
ディスプレイ 256色以上、解像度800x600ピクセル以上
その他 Webブラウザー
  • Internet Explorer 11.0(注5)
  • Mozilla Firefox
  • Google Chrome(注6)
  • Microsoft Edge(注6)
  • 注1: エージェントプログラムのインストールに最低限必要な容量であり、隔離ファイル、ログファイル、設定変更等によりさらに多くの容量が必要となる場合があります。
  • 注2: これらのOSのエディションおよび64ビットバージョンは、特に断りのない限り対応しています。
    これらのOSは、特に断りのない限り、物理環境/仮想環境問わずに対応しています。
  • 注3: Windows (Modern) UI、Windows RTおよびWindowsToGoには対応していません。
  • 注4: Windows 10 Mobileには対応していません。
  • 注5: Windows (Modern) UI上での利用には対応していません。
  • 注6: 特に断りのない限り、最新バージョン含め3世代のバージョンをサポートします。新バージョンがリリースされた際には、順次検証を実施し、サポート対象となります。
■Mac用クライアント
CPU Intel Core プロセッサー
Apple M1チップ
※Mac OSの要件に準拠します
メモリー 512MB
ハードディスク
(注1)
300MB 以上の空き容量
OS(注2) macOS Big Sur 11.x
macOS Catalina 10.15.x
macOS Mojave 10.14.x
macOS High Siera 10.13.x
macOS Siera 10.12.x
ディスプレイ 256色以上、解像度800x600ピクセル以上
その他 Webブラウザー
Macのデフォルトのブラウザー
  • 注1: クライアントプログラムのインストールに最低限必要な容量であり、隔離ファイル、ログファイル、設定変更等により さらに多くの容量が必要となる場合があります。
  • 注2: 全てのOSのServer版にも対応。
■Android用クライアント
OS Android 11
Android 10.0
Android 9.0.x (Pie)
Android 8.0.x、8.1.x (Oreo)
Android 7.0.x、7.1.x (Nougat)
ブラウザー Androidデバイスのデフォルトのブラウザー
Google Chrome
メール 設定済みで、メールが受信できるアプリケーション
(Webメール等でも可)
通信環境 HTTP、HTTPSに加え、宛先ポート番号:TCP5228 / 5229 / 5230へ接続できる必要があります。
  • * Androidエージェントをインストールする場合には以下の要件を満たす必要があります
    ・Googleアカウントを登録していること(FCMとの接続のため)
    ・提供元不明のアプリ(サードパーティアプリケーション)のインストールを許可していること
    ・バックグラウンド同期が有効であること
    ・JavaScriptが有効であること
    ・Cookieが有効であること
  • 注1: 特に断りのない限り、最新バージョン含め5世代のバージョンをサポートします。新バージョンがリリースされた際には、順次検証を実施し、サポート対象となります。
■iOS用クライアント
OS iOS 14.x
iOS 13.x
iOS 12.x
iOS 11.x
iOS 10.x
ブラウザー iOSデバイスのデフォルトのブラウザー
* リモートロック・消去などのデバイス管理機能だけです。ウイルス対策などのセキュリティ対策機能はありません。
* 特に断りのない限り、最新バージョン含め5世代のバージョンをサポートします。新バージョンがリリースされた際には、順次検証を実施し、サポート対象となります。
■iPadOS用クライアント
OS iPadOS 14.x
iPadOS 13.x
ブラウザー iPadOSデバイスのデフォルトのブラウザー
* リモートロック・消去などのデバイス管理機能だけです。ウイルス対策などのセキュリティ対策機能はありません。
■Chromebook用エージェント
デバイス Google承認済みのChromeデバイスは以下のURLをご参照ください。
https://support.google.com/chrome/a/answer/6220366?hl=ja
Chrome OS 12371.89.0以降
Chromeブラウザー 最新バージョン
* Chromebook拡張機能は、Google承認済みChromebookの「自動更新の有効期限」までサポートします。
* ゲストとしてのブラウジング機能はサポートしません。
■Web管理コンソール
Webブラウザー Internet Explorer 11.0(注1)
Mozilla Firefox 64.0、65.0、66.0、67.0、68.0
Google Chrome(注2)
Microsoft Edge(注2)
PDFリーダ
(レポート用)
Adobe Acrobat Reader 6.0 以降(最新バージョン推奨)
ディスプレイ ハイカラー、解像度1366×768ピクセル以上
  • 注1: Windows(Modern) UI上での利用には対応していません。
  • 注2: 特に断りのない限り、最新バージョン含め3 世代のバージョンをサポートいたします。新バージョンがリリースされた際には、順次検証を実施し、サポート対象となります。
■Common Active Directory Synchronization Tool
OS Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
CPU 1.4GHz 64ビットプロセッサー
メモリー 512MB以上
ハードディスク 50MB以上
* システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。最新の情報については、本サイトをご参照ください。
* 本製品は1ドメインあたりの利用台数は10,000台、グループ数は50個以内を推奨しています。推奨台数・グループ数を超えた台数を1ドメインで管理する場合は、管理コンソールのパフォーマンスが低下するなど影響が出る可能性がありますので、必ず事前に当社営業にご相談ください。
* 推奨値未満の台数であっても、以下の環境の場合は問題が発生することがあります。
・ファイルサーバーや特定のアプリケーションサーバーなど、ファイルI / Oおよびネットワークトラフィックが頻繁に発生する環境
・複数のネットワークカード、または複数のIPアドレスを保持する環境
・ネットワークパフォーマンスが著しく低い環境
* 以下のOSに対するサポートは終了しました。([ ]内はサポート終了日)
・Windows XP [2017年1月30日]
・Windows Server 2003(R2やStorage Server等も含む) [2017年1月30日]
・Windows Vista [2017年4月11日]
・Windows Server 2008(R2やStorage Server等も含む)[2020年1月14日]
・Windows 7 [2021年1月14日]
・Mac OS X 10.5 [2013年6月15日]
・Mac OS X 10.6 [2017年10月7日]
・Mac OS X 10.7 [2017年10月7日]
・Mac OS X 10.8 [2017年10月7日]
・Mac OS X 10.9 [2018年11月3日]
・Mac OS X 10.10 [2019年11月2日]
・Mac OS X 10.11 [2020年10月24日]
・Android 2.2 [2013年6月15日]
・Android 2.3 [2017年4月8日]
・Android 3.0 [2017年4月8日]
・Android 4.0〜4.3 [2018年8月31日]
・Android 4.4 [2019年3月30日]
・Android 5.0〜5.1 [2019年11月2日]
・Android 6.0 [2020年9月26日]
・iOS 6 [2017年10月7日]
・iOS 7 [2019年3月30日]
・iOS 8 [2019年11月2日]
・iOS 9 [2020年10月24日]
* 以下のWebブラウザーに対するサポートは終了しました。([ ]内はサポート終了日)
・Internet Explorer 7.0 [2015年4月18日]
・Internet Explorer 8.0 [2017年4月8日]
・Internet Explorer 9.0 [2018年7月21日]
・Internet Explorer 10.0 [2018年7月21日]

ご利用条件

本サービスは定額制の常時接続型インターネット環境下でのご利用を前提とします。

  • 管理対象のすべてのPCがインターネットに接続できる必要があります。

ネットワーク管理者(ご契約プロバイダーやネットワーク敷設業者)や関連するアプリケーションメーカーへ事前に以下の内容についてご確認ください。

  • モデム、ダイヤルアップルーターなどの従量課金型の接続環境がネットワーク経路にあるかどうか。
  • ご契約プロバイダーの設定、ご利用のネットワーク機器の設定、パーソナル・ファイアウォールなどの設定でポート番号TCP80 / 443宛ての通信が制限されていないか。
  • その他、アクセス制限/アドレス変換/ユーザー認証/コンテンツフィルタリングなどのネットワーク環境に特殊な制限事項がないか。
  • 契約ライセンス数を超えてモジュールをインストールすることはできません。ウイルス対策については、ライセンス超過分のPCは、ウイルス定義ファイルのアップデートがされません。
  • システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了、バージョンアップなどの理由により、予告なく変更される場合があります。

注意事項

ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス2をご利用いただく前に、下記の注意事項を必ずご確認ください。

ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス2の注意事項を見る

お申し込みに関する注意事項

  • お申し込みは、法人もしくは個人事業主のお客様に限らせていただきます。個人でのお申し込みはできません。
  • サービスのご利用料金は、お客様マイページに記載されているご利用開始日の翌月より課金となります。
  • お申込内容の確認のため、お電話にてご連絡させていただく場合がございます。ご連絡がとれない場合、お申込日より1カ月をもちまして、キャンセルとなる場合がございます。

What's New

2021年12月17日
年末年始休業のお知らせ
2021年8月5日
夏季休業のお知らせ
2021年4月28日
ゴールデンウィークにおける営業日程のご案内
2020年12月18日
年末年始休業のお知らせ
2020年8月4日
夏季休業のお知らせ
2020年4月24日
「たのめーる ソリューション・製品」お問い合わせ窓口の対応状況について
2020年4月21日
ゴールデンウィークにおける営業日程のご案内
2019年12月18日
年末年始休業のお知らせ
2019年10月17日
サーバーメンテナンスのお知らせ
2019年9月6日
消費税率の変更に伴う、たのめーるソリューション・製品サイトの対応のお知らせ
2019年7月30日
夏季休業のお知らせ
2018年7月31日
夏季休業のお知らせ
2018年4月17日
ゴールデンウィーク期間の営業日程のご案内
2015年9月16日
本サイトが常時SSL暗号化(https)に対応いたしました。本サイトを介した情報は全て暗号化され、より安全に情報のやり取りが行えます。